オルニパワーZnプラスの主成分の有益性解説

オルニパワーZnプラスの主成分は
・オルニチン
・亜鉛
・アスタキサンチン
であり、いずれも成分も肝機能に働きかける作用があります。

 

 

今回はオルニパワーZnプラスの主成分が
肝臓にどのように働きかけるのかについて解説していきたいと思います!

 

 

◆代謝機能を向上させるオルニチン

 

肝臓の大きな役割のひとつである代謝機能。
そのなかのオルニチンサイクルはアンモニアの解毒によって
エネルギーを作り出すサポートしています。
オルニチンが不足するとサイクルが正常に機能しなくなり
疲れやすくなったり、肝機能が低下してしまいます。

 

アルコールを摂取するとNADHという物質が発生し
脳のエネルギーを作る邪魔をします。
アンモニアが解毒されるときにはこのNADHも消費されるので
アルコールによる疲労も取り除くことができます。

 

オルニチンは肝臓が本来持っている働きを保つために必要な成分です。
代謝や解毒といった機能がうまく働くようにサポートしつつ
肝臓をはじめとする全身の疲労を回復してくれます。

 

 

◆アルコール分解に欠かせない亜鉛

 

飲酒によって摂取したアルコールを分解するのも肝臓の役割です。
アルコールの分解には亜鉛が大量に消費されます。
亜鉛は体内で作りだすことができない成分であるため
不足すると悪酔いや二日酔いの原因になるだけでなく
アルコール性肝障害を引き起こすこともあります。

 

前述したオルニチンサイクルにも亜鉛は関わっています。
アンモニアの代謝を促進する酵素は亜鉛がないと正常に働きません。

 

また、亜鉛は肝細胞を作りだすときに必要な成分でもあります。
たんぱく質の合成にかかわっているため肝炎や肝硬変をまねく可能性もあるんですね。

 

 

◆アスタキサンチンで脂肪肝を予防できる

 

アスタキサンチンはサケやイクラ、カニなどに含まれる
非常に強い抗酸化作用を持った成分です。

 

酸素は本来エネルギーを作り出すために必要なものですが
消費されなかった分は酸化してしまい、活性酸素に変化します。
活性酸素は細胞を破壊する性質があるため
増えすぎると肝機能を低下させてしまいます。

 

アスタキサンチンはこの活性酸素を取り除く抗酸化作用があるため
肝臓が本来の働きを発揮するためのサポートをしてくれます。

 

アスタキサンチンを摂取すると肝臓に脂肪が蓄積されにくくなり
炎症を引き起こすたんぱく質が生じにくくなるという研究結果も出ています。
肝臓に脂肪がつく脂肪肝は肝炎や肝硬変などの肝疾患の原因にもなるので
脂肪肝を予防できるアスタキサンチンは有効成分だと言えるでしょう。

 

 

◆オルニパワーZnプラスの効果まとめ

 

オルニパワーZnプラスには
・肝機能の向上や改善
・疲労回復
・肝疾患の予防や改善
といった効果があるんですね!

 

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれていて、異常があってもすぐに気付くことはできません。
だからこそ有効成分が入っているオルニパワーZnプラスを飲んで
日頃から肝臓をケアしてあげることが大切なのです。

 

肝機能に効果のあるオルニチンや亜鉛、アスタキサンチンを上手に取り込んで
いつまでも元気な肝臓をキープしていきたいですね。

 

⇒オルニパワーZnプラス公式サイトはこちら

関連ページ

効果の解説
オルニパワーZnプラスの効果についての詳細。どんなメリット・効果が得られるのかをチェック。
肝臓数値(ALT、γ-GTP、ビリルビン等)の改善には効果がある?
オルニパワーZnプラスは肝臓数値であるALTやγ-GTP、ビリルビンの改善には効果があるのかを解説しています。